Dream Wedding

結婚式の種類とマナー

いろいろな結婚式について


結婚式といえば、ホテルなどで挙げるのが一般的だと思っている人もたくさんいるかもしれません。
しかし、最近では、簡単な結婚式をするという人が増えてきているのです。
お客さんもあまり呼ばないで、本当に仲のいい友達だけをよび、簡単に済ませるという人が増えてきています。
結婚式の会場として選ばれるのは、レストランなどです。
レストランであれば、新郎新婦とお客さんとの距離も近いですし、みんなで楽しく式をすすめることができるのです。
レストランの場合だと、料理もしっかりこだわることができます。
料理の美味しいレストランを選ぶことで、多くの人に喜ばれることも間違いありません。
お金もホテルなどで行うよりも、かなり低価格で済ませることができます。
お金の面でも節約ができますし、美味しいこだわりの料理も食べることができていいことがたくさんあるのです。
結婚式のために、エステに通う人も多くおられます。
一生に一度の素敵な晴れ舞台です。
エステに通うことで、一番きれいで可愛い姿でいたいと思う新婦の希望を叶えてくれるのです。
結婚式は、いろいろな人に祝福をしてもらえる最高な場所です。
後悔をすることがないように、しっかりと考えて準備をすることも大切です。

結婚式で知っておきたいマナー


昔ほど結婚式のマナーについてうるさくなくなったと言われていますが、 それでも最低限守らなければいけないものです。
そのいくつかをご紹介します。
まず服装ですが、ゲストとして招かれる場合は結婚式に花をそえるということを意識しましょう。
特に若い女性の方は明るい色のドレスを選んで華やかにして行くといいと思います。
しかし、血を連想させる真っ赤なドレスや、花嫁だけが身に着ける特別な色の純白は避けてください。
黒いドレスは無難ですがお葬式のようになってしまいがちです。
どうしても着たいという場合は明るい色のボレロやショールを合わせましょう。
ご祝儀についてですが、以前は2で割り切れる数字は縁起が悪いということで倦厭されてきました。
しかし最近では特に若い方の結婚式で2万円のご祝儀を包むことも多くなってきたようです。
当日受付で渡すのは基本的にご祝儀のみです。
招待状に芳名カードが同封されている場合は予め記入してご祝儀と一緒に渡しましょう。
プレゼントや手紙などを渡したい場合は受付に預けるのではなく式場のスタッフに尋ねるほうがよいです。
受付は新郎新婦の友人が務めていることが多く、ご祝儀以外のものを受け取ってもその対応に困ってしまいます。
「これを新郎(または新婦)に渡したいのですが…」と、受付周辺などにいるスタッフに声をかけてみると対応してもらえます。

Valuable information

インプラント 世田谷
鎌ヶ谷 歯医者
ワキガ(わきが)や多汗症対策で臭いの悩みを解決|ナヤミーゴ

2017/10/26 更新

Copyright (C) 2015 Dream Wedding. All Rights Reserved.