Dream Wedding

招待状の作成

結婚式の招待状にもマナーがある


結婚式は、大変おめでたいことです。
結婚式には様々なマナーがありますが、招待状にも送るマナーやルールがあります。
招待状をゲストの方に発送する際の切手ですが、普段手紙などに使用する切手ではなく、慶事用切手(寿切手)というものを一般的には使用します。
日本郵便が発行している切手で、52円、82円、92円とあり、デザインは和風で扇形のものになっています。
招待状の重さによって、切手の料金が変わるので、一度郵便局で重さを測ってもらってから購入するようにするとよいでしょう。
もちろん、慶事用切手以外でも問題はありませんが、上司や親族などの目上の方には、やはり慶事用切手が無難であるといえます。
そして、大安吉日の消印になるように投函するようにします。
消印も地域によっては風景印を押してくれるサービスをしているところもあります。
また宛名を書く際には、毛筆か、筆ペンを使用するようにします。
慶事事は濃く太いほうが縁起が良いとされているからです。
ボールペンは書きやすいですが、マナー違反になります。
マナーを守り、ゲストの方へ失礼のないように結婚式へ招待しましょう。

自分で作る結婚式の招待状


結婚式の招待状を業者に依頼するカップルは多いですが、実は簡単に作れるものなのです。
文具店や画材店で販売されている、ハガキが入るサイズの封筒とその封筒にちょうど入る用紙、もしくはカードストックを必要枚数分購入します。
色は結婚式らしさを感じさせる、上品でシンプルな色の用紙がオススメです。
招待状に記入する内容は、結婚情報誌やネット上の結婚式サイトを参考にして作ります。
文面が出来上がったら、パソコンを使ってワードなどのソフトを利用して打ち込み、家庭用プリンターで印刷します。
封筒に関しては、年賀状用などの筆文字が印刷出来る宛名ソフトで宛先と宛名を印刷します。
封筒には結婚式の招待状の他に、出欠確認用の返信ハガキも入れます。
これも結婚情報誌やネットの情報を参考にしましょう。
文面や返信用宛名は、ワードで作成、そしてプリンターで印刷します。
準備が出来たら投函です。
切手は普通のものを使いません。
郵便局に行き、慶事用のおめでたい切手を購入して使いましょう。

recommend


塾をお探しなら大橋

Last update:2018/8/30

Copyright (C) 2015 Dream Wedding. All Rights Reserved.