Dream Wedding

受付係の役割

結婚式 受付係りの役割とマナー


結婚式の受付係を引き受けた際に、初めてですとどのようなことをすればよいのか戸惑った経験もあるかと思います。
受付係は、結婚式の両家の顔として新郎新婦にかわり、当日来ていただいた大切なゲストの方々を1番はじめにお迎えする、大切な役割です。
たとえ新郎新婦との関係が友人だったとしても、親族側の立場にたって挨拶をするようになります。
その他にも、ゲスト芳名帳への記帳や、ご祝儀を受け取り管理すること、また席次表をお渡しし、必要であれば会場の案内を行います。
身だしなみは、あまり派手すぎず地味すぎず、その場にふさわしい髪型や服装になるように心がけ、ゲストの方々を明るく失礼のない態度や言葉使いでお迎えします。
また、トイレの場所やクロークなどゲストの方から尋ねられることもあります。
会場のスタッフが案内してくれる式場もありますが、開始前に確認をしておくと親切です。
そして、ご祝儀を新郎新婦から指定されている方にお渡しするまでは、その場から絶対に離れてはいけません。
トイレに行く際などは交代でいくようにしてしっかり管理しましょう。
結婚式の受付を依頼されることは、大変光栄なことなので、マナーを知り、新郎新婦のかわりにゲストの方々を気持ちよくお迎えできるように準備しましょう。

結婚式での受付のマナー


結婚式に招待されるといろいろなマナーを守らなければなりません。
そんな中で一番最初に行うのが「受付」ではないでしょうか。
まず、会場に入ると分かり易い場所に両家の受付が設けられていますので、新郎の招待客は新郎側、新婦の招待客は新婦側の受付に進みましょう。
そこで、相手に向かってご祝儀を両手で持って手渡します。
この時に「本日はおめでとうございます」等、言葉を添えてお渡しするとさらに丁寧で良いでしょう。
そして芳名帳に名前や住所など必要な項目に記入をします。
この時、字の上手い下手に関係なく丁寧に書くことが大切です。
記名が終わったら後は結婚式が始まるまで近くで待っていましょう。
結婚式というのは、時間がキッチリと決められています。
係の方が案内をしてくれる時に近くにいないと式場の場所が分からなかったり、時間に遅れてしまう場合もあります。
しっかりと大人としてのマナーを守って、結婚式のお祝いに出席するようにしましょう。

Valuable information


最終更新日:2016/11/2

Copyright (C) 2015 Dream Wedding. All Rights Reserved.