Dream Wedding

余興の準備

結婚式の余興 マナーを知ることが成功のカギ


結婚式の余興にもマナーがあります。
引き受けたら楽しめたり、感動したりするようなものにしたいと、皆様々な思いで考えることでしょう。
そこで、結婚式では避けるべき余興というものがあります。
忌み言葉を使用したもの、下ネタ、失恋などもよくありません。
また、ゲストは幅広い年代、交友関係の方がくるため内輪だけで楽しむような余興や、あまりに時間をかけすぎるもの避けたほうがよいでしょう。
要は会場の空気を読んでいないということです。
それでは、どのようなものがよいのかですが、幅広い年代でゲスト全員が楽しめるようなものがよいです。
人気があるのは、歌やダンス、楽器の演奏、クイズなどです。
これらは得意な人がいるとより盛り上がるでしょう。
スライドショーやビデオレターなども幅広い年代で楽しむことができ、新郎新婦も感情が入りやすく喜ぶでしょう。
そして、持ち時間や必要であれば機材などあるかどうかを事前に新郎新婦に確認し、準備をすることが大切です。
新郎新婦にとっては、一生の思い出になる結婚式、楽しんでもらえるようにマナーを覚えておきましょう。

結婚式の余興準備の進め方


結婚式で余興を頼まれたとき、何をすれば良いか迷ってしまうことが多い上に、通常は何名かで進めるものなので、準備する上でもとても大変なものです。
まずは幹事を決めて、本番までの全体スケジュールをみんなに提示することが一番重要です。
そこから具体的に実際何をするか案を出し合いますが、ただやみくもに出すのではなく、その人数や期間でできる範囲のもの、新郎新婦が好きだと想定できるものをポイントに決めていくと良いです。
さらに、結婚式の会場の構成によって決めることもあるため、あらかじめ担当プランナーさんを紹介しておいてもらうとスムーズです。
これで細かい質問があるときに随時対処できるようになり、新郎新婦へのネタバレ防止にもなります。
やることが決まったらメンバーで役割分担をし、結婚式当日までに何をするか、集まる日などを決めて目標を明確にすることも幹事の役割です。
メンバー全員に負担にならず楽しめるような余興作りをしていくことが理想です。

おすすめWEBサイト 5選


Copyright (C) 2015 Dream Wedding. All Rights Reserved.