Dream Wedding

座席決めの基本

結婚式 座席決めの基本


結婚式が成功するかどうかを左右する、座席配置ですが、当日ゲストの方に満足してもらうためには、配慮が必要です。
座席配置には基本的なルールがあります。
基本的には、親しい人や顔見知り同士が同じテーブルになるようにします。
そして主賓と呼ばれる最も格の高いゲストは、新郎新婦にもっとも近い席、上座に当たる席になります。
両家の両親は1番下座、末席になります。
親族に関にしては、親族間の交友関係を親が把握している場合が多いので、親に1度確認をしてから決めたほうがよいでしょう。
そして、子連れのゲストがいる場合には、子供が泣いたりぐずってしまったりと予期せぬことが起こりやすいため、子連れのゲストが退室しやすいように出入り口が近い席にすると、配慮が行き届いているでしょう。
結婚式は、新郎新婦だけでは成り立ちません。
来てくださるゲストあってこその結婚式なのです。
そのためにも、ゲストの方が居心地がよく楽しめる座席を用意することが必要です。

結婚式の座席を決める


結婚式の披露宴会場においての座席をどのようにすれば良いのかと頭を悩ませることもあります。
折角2人を祝って出席して貰った人達には、気分良くその時間を過ごしてもらいたいものです。
親しい人や、顔見知り同士を同じテーブルにするようにします。
同じグループなのに、人数合わせのために1人外れたところにいるようなことは避けたいです。
また、出席者の役職、肩書き、年齢なども考慮して、その方たちは上座にします。
2人との関係が薄い人ほど上座にします。
そして、それからは友人、親戚、家族となります。
また、子供を連れて出席をするような人には席を外しやすい場所を用意することも必要になります。
泣いたり、トイレに行ったりとすることもあるからです。
両家の招待した人数が違うからと言って、あまり関係のないような人を招待をして無理に数合わせをする必要はありません。
結婚式に出席した人たちが心からのお祝いの気持ちを持って和やかな結婚式になるようにしたいものです。

注目サイト


Last update:2017/3/6

Copyright (C) 2015 Dream Wedding. All Rights Reserved.